【DQR】無限の可能性を秘める変幻トルネコデッキ

変幻トルネコとは?

”幸せの杖”など、盤面のモンスターをコストの高いユニットに変身させるトルネコのカードを主軸としたデッキです。

変幻トルネコ自体は、どちらかと言えば昔一部で流行った程度でテーマとしては自体は若干古いのですが、第5弾でも相性が良いカードが増えたこともあって地味に強くなってます。今後も相性のいいカードは増え続けると思うので、この種のデッキが無くなることはなく、追加カード次第ではトップクラスを狙えるテーマデッキかと思います。



〈変化トルネコの戦略〉

キーカード:幸せの杖・魔法の杖・超幸せの杖

幸せの杖や魔法の杖などで盤上のユニットをランクアップさせていきながら、有利に盤面を取っていくことを主軸とします。ターニングポイントは5コスト~7コスト位の中盤で、超幸せの杖幸せの杖×トロデで盤上のモンスターを変化させて強力なモンスターを並べることが出来るか?が勝負のカギを握ります。

ちなみに第5弾の追加カードだとスモールグール(+3コスト)エビルアップル(実質0コスト召喚の2コスト)が非常にマッチします。また、フラワーゾンビも魔法のそろばんを確定サーチできるため、序盤の展開がかなり安定的となります。

*特に相性が良いカード一覧はこちら

プレイイングの展開

〈序盤〉:雑魚を並べてフィールドアドバンテージを取る

序盤からユニットを複数召喚できるような構成にはなっているので敵の処理速度を上回るスピードでユニットを展開し、生き残ったユニットを魔法のそろばん・幸せの杖で育てて盤面を取っていきます。

相手の処理能力が非常に高い場合は無理して展開はせず、逆にユニットは温存しながら相手の処理速度を上回れそうなタイミングで一気に展開するのがオススメです。

コンセプト外だけどほぼ必須:ルイーダ

ルイーダはこのデッキコンセプトとは若干外れるのですが、召喚すると十中八九敵プレイヤーが優先的に排除してくれるのでいいオトリになります。手札事故の際にも時間を稼ぎながらユニット補充ができるため、個人的にはかなり重宝していて、このデッキにとっては必須カードだと思ってます。



〈中盤〉:勝負を決める一斉変化
トロデ×幸せの杖、もしくは超幸せの杖で低級モンスターを中級モンスターに進化させ、一気に盤面を制圧します。

最速のMP5で”マドハンド×超幸せの杖”MP7で”もみじこぞう×超幸せの杖”のコンボを運良く決められればかなり有利になります。

アグロデッキ以外が相手の場合、この変化が終盤になってしまうと上手くアドバンテージを取りきれないこともあるので中盤で変化が出来る様に立ち回るのが重要です。



〈デッキレシピ〉

第5弾までのカードでのデッキレシピがこちら。

まとめ

変化トルネコはテーマデッキの中でも、普遍的で常にある程度の強さを誇るデッキです。現状の環境下ではトップクラスではないものの、ランクマッチでダイヤモンド到達までは狙えるレベルだと思います。そして何よりどんなユニットに変わるか分からないという、運要素を含むところが魅力的です。完成されたデッキは基本的にはワンパターンな戦略になりがちですが、このデッキは変化後のユニットによってその後も展開も大きく変わってくるので、あまりマンネリ化せずプレイングしていて非常に楽しいと思います。