【デュエプレ】最強シールドトリガーランキング【TOP5】

dm

はじめに

「デュエル・マスターズ」において、非常に重要な要素となるのが、シールド・トリガーである。シールド・トリガーとは、相手のクリーチャーが自分のシールドを破壊した際に、コストを用いることなく、発動できるカードのことを指す。このシールド_トリガーは、逆転要素となる大きな一つであり、場合によってはこれが勝ち負けを決定する要因ともなる。

また、シールド・トリガーによる勝ち負けのブレを減らすために、「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」を用いたコントロールデッキが流行している。それほど、シールド・トリガーは強力であり、脅威にもなる存在である。

それでは、シールド・トリガーの中でも強力なカードはどれなのだろうか?今回は、強力なシールド・トリガーをランキング形式でTOP5の形式でまとめることとする。ランクマッチを行う上で、参考にしていただければ幸いである。



 

 

5位 バースト・ショット

「バースト・ショット」はパワー2000以下のクリーチャーを全て破壊する呪文カードである。このカードは、いわゆる速攻デッキの対抗策として構築に入れられることが多い。この呪文で注意してほしい点は、パワー2000以下のクリーチャーは敵味方問わず破壊されてしまうことである。そのため、自分のフィールドのクリーチャーがパワー2000以下でないかどうかはよくみておきたい。

「バースト・ショット」が、シールドトリガーで発動する際は、危機的状況を脱することができる場合もあり、逆転の一手として機能することも多いカードである。

「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」を用いたコントロールデッキに用いられることが多い。

 

 

【関連カード】マグマティラノス

「マグマティラノス」は、バトルゾーンに出した時に、パワー1000以下のクリーチャーを破壊できるクリーチャーである。シールドトリガーであり、クリーチャーであることから盤面への干渉力はある。しかし、パワー1000以下のクリーチャーは限定されることから、「クック・ポロン」や「狂戦士ブレイズ・クロー」などアグロ系への対抗策として機能することが多い。

 

 

4位 ゴースト・タッチ

「ゴースト・タッチ」は相手の手札をランダムに1枚捨てさせる呪文カードである。このカードは、相手の手札に干渉できるカードの一つとしても強力である。もちろん、呪文カードとして手札から用いることもできるが、シールドトリガーから発動されると、予想できないタイミングで手札を失うこととなるため、次のターンの行動の幅が狭まることにもつながる。「汽車男」とは異なり、手札から用いても有用なカードであるため、優先して取り上げた。

 

【関連カード】汽車男

バトルゾーンに出た時、ランダムに手札を捨てさせることができるカード。出した瞬間にすぐ発動するのが魅力。ただ、4コストというコストの高さがネックであり、種族も現状は相性が悪い。盤面に残ることから干渉力はあるが、パワーが1000であることから、使用度の高い「マグマティラノス」(上記5位関連カード参照)との相性が悪い。

コントロール主体のデッキでは活躍するが、手札にたまりやすいカードでもある。




3位 ホーリー・スパーク

「ホーリー・スパーク」は、相手のクリーチャーをすべてタップすることができるカードである。シールドトリガーとして発動すれば、その瞬間に、相手の猛攻を止めることができる。また、相手のクリーチャーがすべてタップ状態になることから、自分のクリーチャーを用いて除去することができる点が強力な呪文カードである。

 

採用デッキ:

光・炎を主軸とするコントロール全般


2位 デーモン・ハンド

 

「デーモン・ハンド」は、相手のクリーチャーを一つ選び、墓地に送ることができる呪文カードである。確定除去の要として、非常に強力なカードであると考えられる。シールドトリガーとしても強力であるが、コントロールが主体のデッキでは、相手の強力なクリーチャーを破壊することができるため、そのまま使っても強力なカードの一つである。

ただ、6マナとコストが高いので、普通に使用する場合には隙ができてしまう場合もある。そのため、手札に入ってくると、使えずに持ち腐れになることもあるため注意が必要である。

 

採用デッキ:

「デーモン・ハンド」は、通常であれば、ボルメテウスドラゴンを用いたコントロールデッキやバロム主体のデッキに入ってくる。

 


1位 アクア・サーファー

「アクア・サーファー」は、バトルゾーンに出たときに、相手のクリーチャーを手札に戻すことができる能力を持つクリーチャーである。このカードがシールドトリガーとして強い理由は、大きく二つある。

一つは、「アクア・サーファー」がシールドトリガーとして発動した場合、相手のクリーチャーを手札に戻すことができ、相手が自分にダイレクトアタックができるタイミングを1ターン遅延させることができるカードであるためである。このゲームの性質上、シールドをブレイクし始める際には、ダイレクトアタックができる手数を用意している。そのため、「アクア・サーファー」を用いて、1ターンの猶予を得ることは非常に重要である。

もう一つは、「アクア・サーファー」がシールドトリガーとして発動した場合、実質的に召喚酔いが発生しないことである。普通に手札からクリーチャーを出した場合は、スピードアタッカーでない限り、召喚酔いが発生する。しかしながら、シールドトリガーとして発動した場合には、召喚酔いは発生しない。したがって、場合によっては手数が増えたことで、ダイレクトアタックができるようになる可能性がある。そのため、「アクア・サーファー」が盤面を有利にする面で重要である。

「アクア・サーファー」は、手札から出すクリーチャーと考えた場合には、コストあたりのパフォーマンスはあまり高くないかもしれない。しかし、シールドトリガーとして発動した場合の効果は非常に高いと考えられる。2位としてあげた「デーモン・ハンド」も確定で相手を除去できるカードとして非常に有用であり、順位としてあげるか迷った。しかし、1位となる決定打となった要因は、その盤面への干渉能力であった。また、種族がリキッドピープルであることから、「クリスタル・パラディン」や「クリスタル・ランサー」などの強力なカードの進化元になることも、ランキング1位に選んだ理由である。

 

採用デッキ:

「アクア・サーファー」は、非常に様々なデッキに入る。水主体のデッキのみならず、ボルメテウスドラゴンを用いたコントロールデッキや、速攻デッキなど幅が広い。




おわりに

今回は、「シールド・トリガー」として有用なカードをTOP5形式でまとめた。TOP3以下では、個人の使用感によって異議があることが予想されるが、TOP2に関しては共通認識ではないだろうか。特に、「アクア・サーファー」に関しては、精製しても次の環境でも損のないカードと言えるはずだ。

どのようなデッキが流行る環境になるかによって、どの「シールド・トリガー」が強力なものとなるかは変わるが、現段階の参考にしてもらえれば幸いである。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました