【はじめてのじんろう】人狼を全く知らない初心者のための簡単ルール・説明書

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

はじめに―人狼(じんろう)ってどういうゲーム?―

『人狼(じんろう)』とは、村人陣営人狼陣営の2つに分かれたプレイヤー達が、それぞれの陣営の勝利を目指して戦うゲームです。ゲームの最初に、役職がプレイヤーにランダムに割り振られますが、その役職は、自分だけしか見ることができません。そのため、議論を通じて相手を信用すること又は疑うことによって、自分たちの陣営の勝利を目指していくことになります。

このゲームは、プレイヤー同士の会話が重要が非常に重要となるためロールプレイ型のコミュニケーションゲームに位置づけられています。ゲームの性質上、説得や推理がメインとなってくるため、コミュニケーションを相手と取りながら頭も使っていくゲームとなります。

今回は、これだけ押さえておけば問題なくゲームが楽しめるような、人狼のルール説明となっています。人狼には興味があるけど、どのようなゲームかわからないという方は、このルール説明を読んで参加のきっかけにしていただければと思います。




1.―各陣営の勝利条件―

村人陣営

村人陣営は、村人を中心とする陣営です。勝利条件はいたってシンプルであり、『すべての人狼を処刑すること』です。そのため、村人陣営の主たる目的となるのは、人狼を見つけ出し、処刑することです。後に紹介する占い師や霊媒師等からのヒントや議論から得られる考察を生かして人狼を見つけ出しましょう。

人狼陣営

人狼陣営は、人狼を中心とする陣営です。勝利条件は、人狼の数と人間の数が同数となること』となります。そのため、人狼陣営の主たる目的となるのは、村人を上手く誘導し、人狼以外の人物を処刑することです。人狼人狼同士、互いの存在を確認できるため、上手く仲間同士で協力し合うこと、あるいは、仲間ではないように装うことが非常に重要となります。


2.各役職の説明

役職は、大きく村人陣営人狼陣営に分かれます。役職の数は、ローカルルールも合わせればなんと100種類以上もあります。しかし、当然のことながら通常の人狼ゲームであれば、ここであげている役職のみを覚えるだけで問題はないと思います。

村人陣営側

当然のことながら、村人陣営側に何も情報が与えられていないのであれば、ほとんど勘で人狼を当てるゲームになっています。そこで、村人陣営の中には、非常に強力な能力を持った役職もいます。それぞれについて、説明していきたいと思います。

村人(市民):

村人は、何の能力も持っていないただの人間です。ゲームによっては、市民とも呼ばれます。村人は自分がお人狼でないことをアピールしつつ、議論を通じて狼を探していくことが、主な役割となります。何の能力も持っていないからこそ、考察力や説得力が重要になってくる役職でもあり、人狼ゲームの楽しさを一番味わえる役職だと考えられます。

占い師(予言者):

占い師とは、毎晩一人のプレイヤーを選び、その人が人狼かそれとも人狼ではないかを判別することができる能力を持つ役職です。ゲームによっては、予言者とも呼ばれることがあります。占い師は、人狼を見つける大きな手掛かりを持っている役職であるため、非常に重要な役職となります。占い師は、占った人物の役職を知ることまではできず、あくまで人狼そうでないかという点だけしか判別できないという点に注意が必要です。

霊媒師(霊能力者):

霊媒師とは、その前日に処刑されたプレイヤーが人狼だったか人狼ではないかを判別することができる能力を持つ役職です。ゲームによっては、霊能力者とも呼ばれることがあります。霊媒師は、残りの人狼の数を把握することができるため、情報を多く持っています。また、村のリーダーとして議論の進め方などを定めていく役割も任されることもあります。

狩人(ボディーガード)

狩人とは、毎晩誰か一人のプレイヤーを選んで護衛することで、そのプレイヤーを人狼の襲撃から守ることができる能力を持つ役職です。ゲームによっては、ボディーガードとも呼ばれることがあります。非常に強い力を持つ占い師霊媒師は、人狼の襲撃先に選ばれることが多いため、そこを守ることが定石の流れとなります。ただし、自分自身を守ることができず、かつ、連続して前日と同じプレイヤーを守ることはできません。そのため、人狼の心理を読み、上手く護衛することが大事なるため、推理力と考察力が要される役職であると考えられます。

 

人狼陣営側:

人狼陣営側には、村人陣営側と比べて、それほど多くの種類の役職はいません。ここで紹介する役職は、人狼を含めて二つです。人狼陣営側の役職には、村人陣営側の役職のような能力がありません。そのため、多くの場合、騙りに出る(嘘をついて村人側の役職持ちのフリをすること)必要があると考えられます。

人狼:


人狼とは、毎晩誰か一人のプレイヤーを選んで襲撃することで、そのプレイヤーを脱落させることができる能力を持つ役職です。占い師に占われると人狼であることが判明してしまうため、人狼であると勘づかれないように行動する必要があります。また、襲撃先と狩人の護衛先が一致した場合には、その日は脱落者がいないという結果となります。

狂人(裏切者):

狂人とは、人間であるにもかかわらず人狼陣営側に属する役職です。ゲームによっては、裏切り者多重人格と呼ばれることもあります。この役職は、通常の村人と同じく能力はなく、占い師に占われたとしても村人陣営であるという結果が出ます。しかし、人狼の勝利が自らの勝利であるため、役職騙り(役職であるような振りをすること)や村の議論を混乱させる発言をすることで、人狼優位になるような行動を行うことが重要となります。基本役職の中では、最も難しい役職であり深い思考が要されます。

注意として、対面人狼では、狂人であるとしても村の雰囲気を壊すような過剰な暴れ方をするのは控えた方がいいという点があげられます。例外として、チャット人狼などでは意味のない長文や破綻した論理を繰り返す発言などが許されることがあります。確かに、チャット人狼では無視することができますが、対面人狼ではゲームのバランスを壊してしまう可能性があるので注意が必要です。村の議論を混乱させることも、仕事の一つではありますが、ほどほどに暴れるようにとどまり、空気を読むようにしましょう




3.人狼ゲームの1日の流れ

人狼ゲームは、夜の時間昼の時間、そして夕方の時間から構成されます。1日目の夜からゲームは始まりますが、1日目の夜に襲撃や占いがあるかは、ゲームによって任意によって設定されます。

 

夜の時間

夜の時間は、人狼村側陣営の能力者が行動することができる時間です。ここでは、対面形式の人狼を想定して、行動順について述べます。基本的に、夜の時間では顔を伏せ、声を発してはいけません。ゲームマスターの指示に従い、自分の役職名が言われたら顔をあげ、行動が終わったら顔を伏せましょう。

 

人狼の襲撃先の決定

人狼同士で襲撃先を決定します。村の中から1人のプレイヤーを指さし、ゲームマスターにその人を襲撃する旨を伝えてください。

占い師の占い先の決定

プレイヤーを一人指さし、占い先を指定してください。ゲームマスターから、そのプレイヤーが人狼であれば人狼のジェスチャー、村人陣営であれば村人陣営のジェスチャーが与えられます。

霊媒師による能力発動

前日に処刑されたプレイヤーが、人狼であったか村人陣営であったかについての情報がゲームマスターから与えられます。ゲームマスターが、人狼であれば人狼のジェスチャー、村人陣営であれば村人陣営のジェスチャーをします。

狩人による護衛先の決定

一人のプレイヤーを選び、そのプレイヤーを護衛することができます。狩人は、自分以外のプレイヤーを指さすことができますが、同じプレイヤーを連続して護衛することはできません。

⑤朝

夜の時間の行動が全て終わった後、ゲームマスターから襲撃された人が発表され、そのプレイヤーがゲームが脱落します。仮に、襲撃先と護衛先と被った場合は、ゲームマスターからは「本日の犠牲者はいなかった」旨が通知されます。このとき、議論を開始してくださいと言われるまで、誰も話してはいけません。また、脱落したプレイヤーはその時点以降の議論に参加することはできません。

 

昼の時間

昼の時間は、誰が人狼かを探すための議論を行う時間です。ゲームマスターが指定した時間の中で、誰を夕方の時間に処刑するか決めましょう。議論が白熱することもありますが、時間が来たら議論を中止する必要があります。時間配分に十分に気を付けて、時間内に誰を処刑するか決定しましょう。

 

夕方の時間

 

夕方の時間は、プレイヤーを処刑するための投票をする時間です。ゲームマスターの指示に従い、一斉に投票するプレイヤーに指をさしてください。このとき、最も投票の多いプレイヤーが処刑されることとなります。もし、同票となった場合には再度投票を行います。再度投票を行ったにもかかわらず、再び同票になった場合には、そのプレイヤーは二人とも処刑されてしまいます。




おわりにー人狼ゲームは面白い!―

いかがでしたでしょうか

百聞は一見に如かずとはいいますが、人狼ゲームは実際にやって覚えるのが一番であると筆者は強く考えています。ただ、「はじめてのじんろう」の体験は、今後の人狼のモチベーションに大きくつながるため、注意して決める必要があると考えられます。

場所によっては、本気で人狼をやることを目的とするところもあり、初心者が入りにくいこともあります。特に、アプリ人狼であれば、顔が見えないことから言葉が強くなる傾向にあるため、初心者歓迎部屋と明記されてあったとしても、煽られたり馬鹿にされたりすることもあるかもしれません。

このことから、オンライン上で楽しみたい場合には、twitter等で募集されている人狼完全初心者の部屋募集に参加してみるのもいいかもしれません。多くの人狼上級者の方が、初心者のために部屋を募集してくれることもあります。また、周囲に対面人狼ができるスペースがある場合には、そちらを強くお勧めします。面と向かって人狼をすると、より人狼の雰囲気をリアルに体感できると思います。

筆者は、チャット形式・アプリ形式・ボイス形式など様々な人狼を楽しみましたが、結局のところ対面人狼が一番魅力的に感じました。

人狼を嫌いにならないために、「はじめてのじんろう」をどこでするかについては、十分に選んだ方がいいかもしれません。

この記事が、皆様の楽しい人狼ライフの1歩目を飾るきっかけとなればと思います。

 

 

 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。