【人狼の新時代到来?】荒野行動の制作会社が人狼アプリを発売!【人狼はウソ月】

はじめに~『荒野行動』の制作会社が人狼アプリを発売!~

人狼アプリといえば、皆さんはどのアプリで遊んでいますか。現在流行っている流行のアプリとしては、『人狼ジャッジメント』『人狼殺』の2つが大きくあげられることかと思います。

今回、荒野行動や第5人格などの大ヒットゲームを製作した企業であるNet Ease Games社が人狼アプリをリリースすることとなりました。その名も、『人狼はウソ月』。まだベータ版の段階であり、開発テスト中となっていますが、特定の方法で運営に希望を出すと実際にプレイすることができます。

さて、『人狼はウソ月』は、どのようなものになるのでしょうか?今回は、『人狼はウソ月』がどのようなゲームであるかについて簡単に触れたのち、既存のアプリやチャット人狼と比べて、様々な角度からこのゲームの特徴を紹介します!


1.『人狼はウソ月』ってどんなゲーム?

『人狼はウソ月』は、Net Ease Games社により開発された、スマートフォン向けボイス人狼アプリです。PCで遊ぶことができる『るる鯖』や、スマートフォンでプレイする『人狼ジャッジメント』などのチャット人狼とは異なり、実際にスマートフォンに向かって声を出して議論をするアプリとなっています。ボイス人狼アプリということで、類似するアプリとしては、『人狼殺』があげられるかと思います。

大きな特色となるのは、ボイス人狼にもかかわらず役職数が26種類以上あるということです。チャット人狼では様々な役職をみることがありましたが、ボイス人狼では珍しいのではないでしょうか。また、アバターを変更することができる点や、友人同士で加入するギルドなどの新要素があります。

また、初心者から上級者まで部屋分けがされていることから、自分のレベルにあったプレイができることが想定されます。熟練度に合わせた住みわけは非常に重要であることから、この点についても非常に興味がわいています。




2. 『人狼はウソ月』をいろんな角度から分析してみる

①対象となるターゲット層は初心者?上級者?

『人狼はウソ月』は、幅広い設定のルームが用意されています。初心者向けの部屋から上級者向けの部屋まで非常に種類が豊富です。従来の人狼アプリである『人狼ジャッジメント』は、役職の多さや魅力的なキャラクターに非常に定評がありました。今回の『人狼はウソ月』は26種類以上の役職が用意されており、ボイス人狼では異例の数となっています。問題となるのは、マッチングがされるかという点ですが、超大手会社が開発しているということもあり、一般に普及するのではないかと考えられます。

 

『人狼殺』では、同様のボイス人狼の形態をとっていましたが、ルール形式が少なく、役職の数もそれほど多くは用意されていませんでした。ルームの種類は初心者部屋や標準部屋が用意されているものの、それぞれの部屋では制限された楽しさしかありませんでした。そのため、多人数の部屋を遊びたいけれども、あまり実力には自信がないという方が遊ぶには、それほど適してはいないのではないかと思われていました。しかし、『人狼はウソ月』では、レベル帯に合わせたルームの数が多いため、このような問題が解消されるのではないかと考えています。

②全く新しい斬新な人狼ゲーム!?

 

『人狼はウソ月』は、従来の日本型人狼に合わせつつも、かなり斬新なデザインの新しい人狼となっています。まず、大きな点としては、霊能者という役職がいないことです。日本では、霊能者の存在が非常に大きな役割を果たしており、霊能者を中心に議論が進むことが多いかと思います。しかし、なんと『人狼はウソ月』霊能者がおらず、かなり人狼ゲームのデザインが異なると考えられます。

ただし、進行役がいないままゲームが進むというよりは、新しく警官という追加役職や、日本ではあまり使われていないハンターや魔女が追加されることにより、ゲームのバランスが保たれるという形になっています。この点については賛否両論あるかと思われますが、筆者は今のところ今までの人狼ゲームとは異なるアプリにはなるのではないかと考えています!

③中国の会社だけど大丈夫?

開発元は中国の会社なので、問題があった時のサポートやアップデートが心配という方もいるのではないでしょうか。事実として、中国の会社で開発されたのはいいものの、1年以内にサービスが終了してしまったという事例があります。日本語でクレームをいれても、対処されなかった経験があるという方もいるのではないでしょうか。

しかし、今回『人狼はウソ月』の開発をしているのは、荒野行動や第五人格を製作しているNet Ease Games社です。そのため、大きな資金を持っており、今後の展開も活発に行われると考えられます。

 


おわりに~これからの時代を担う新たな人狼アプリとなる?~

今、『人狼ジャッジメント』や『人狼殺』は、現在人狼アプリの中でヒットしている名作です。しかし、アップデートの頻度が遅かったり、プレイ人口が減ってきているなどの問題点が上がってきています。その中で、『人狼はウソ月』は、人狼界隈に新たな一石を投じるものとなるのではないかとワクワクしています

全く新しいタイプの人狼は、日本ユーザーに受け入れられるか少し不安なところもありますが、全く新しい人狼体験ができるため、個人的には非常に期待しています!

今回の記事が皆様の人狼ライフをよりよくするものとなれば幸いです。

最新の人狼ゲーム情報『人狼はウソ月』


『人狼はウソ月』は、Net Ease Games社により開発された、スマートフォン向けボイス人狼アプリです。チャット人狼とは異なり、実際にスマートフォンに向かって声を出して議論をするアプリとなっています。

大きな特色となるのは、ボイス人狼にもかかわらず役職数が26種類以上あるということです。チャット人狼では様々な役職をみることがありましたが、ボイス人狼では珍しいのではないでしょうか。また、アバターを変更することができる点や、友人同士で加入するギルドなどの新要素があります。

ちなみに開発元のNet Ease Games社は聞いたこともあるかと思いますが、あの荒野行動や第五人格を製作している超大手のゲームメーカーです!

現在人狼アプリは数多くありますが、アップデートの頻度が遅かったり、プレイ人口が減ってきていたりなどの問題点が上がってきています。その中でこの『人狼はウソ月』は、人狼界隈に新たな一石を投じるものとなるのではないかと期待しています。

事前登録・βテストも始まっている様なのでこの機に是非!!

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。