【簡略図解】宝石の煌き(スプレンダー)のルール 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

はじめに

宝石の煌き(スプレンダー)は、ルネサンス期の商人であるプレイヤーたちが宝石鉱山の確保や、職人の雇用、貴族との交遊を通じて、威信点とよばれるポイントを稼ぐことが目的のゲームです。

大きな箱ときれいな宝石トークンに圧倒されますが、中量級ボードゲームの中で、最も初心者向けのボードゲームだと考えています。

今回は、宝石の煌き(スプレンダー)のルールを、初心者の方でも視覚的にわかりやすく理解できるように、ざっくりと説明していきます。


1.ゲームの目的

宝石の煌きの勝利条件は、威信点を15点まで集めることです。下記のカードの、左上の赤で囲まれている数字が威信点となります。後述しますが、左のタイルを貴族タイル、右のカードを発展カードといいます。これらのタイルを獲得、カードを購入することで、威信点を獲得することができます。




2.ゲームの準備

まず、緑色・黄色・青色のデッキを別々によくシャッフルし、上から4枚を引いて右側に置きます。

次に、貴族タイルの束をシャッフルし、プレイする人数+1枚引き、表にして置きます。残りの貴族タイルはゲームで使わないので、箱に戻しておきましょう。

 


3.ゲームの流れ

このゲームにおいて、プレイヤーができる行動は3つあります。①宝石の取得 ②発展カードの購入 ③カードのキープ 3つの行動は感覚的に分かりやすく、やっているうちに簡単に把握できるかと思います。それでは、それぞれについて詳しく説明します。

3-1. 宝石の取得

宝石を獲得する方法は、大きく二つあります。以下のうち、いずれかの方法を選び、宝石を取得することができます。ちなみに、宝石トークンは10までしか保有することはできません。10を超えて取得する場合には、余分に獲得した宝石を戻す必要があります。

3-1-1. 異なる色の宝石を3つ取得

赤・緑・青・白・黒の5つのトークンから、異なる色の宝石を3つ取得することができます。この時、同じ色をとることはできません。また、黄色のトークンだけは、選択することはできません。

画像では、赤・緑・青の宝石を選択し、1つずつ取得しています。

 

 

3-1-2. 同じ色の宝石を2つ取得

赤・緑・青・白・黒の5つの宝石の中から、同じ色の宝石を2つ取得することができます。このとき、取得したい色の場の宝石トークンが4枚未満であるときは、その色の場の宝石トークンを取得することができません。また、黄色のトークンだけは、選択することはできません。

画像では、青の宝石を選択し、2つ取得しています。

 

 

 

3-2. 発展カードの購入

発展カードは、必要な宝石を支払うことにより購入できます。また、発展カード自体を利用して、次の発展カードの購入に役立てることができます。発展カードを購入して手元に加えた場合には、対応するデッキから発展カードを1枚引き、場に置いてください。以下では、カードを購入する方法について、それぞれ説明します。

3-2-1. 基本的な購入

プレイヤーは、場にある発展カードを1枚選び、購入することができます。この時、必要な宝石の種類と数は、発展カードの左下に記されています。購入の際に支払った宝石トークンは、場の宝石トークン置き場に戻してください。

 

3-2-2. 固定資産を利用した発展カードの購入

発展カードは、そのゲームの中で右上に書かれた宝石の代わりに使用することができます。また、宝石トークンを使って購入した場合と異なり、使用しても場に戻す必要はありません。つまり、1度購入すれば継続して宝石の代わりに使用することができます。

下記の画像を確認してください。プレイヤーは、下記左にあるように、緑の宝石が書かれたカードを二枚、白の宝石トークンを2つ保有しています。次に、プレイヤーは下記右にあるように、カードを購入しようとしています。この時に必要な宝石は、白の宝石2つと緑の宝石2つと書かれています。

このとき、プレイヤーは白の宝石トークン2つを支払うことで、下記右にあるカードを購入することができます。緑の宝石トークンは保有してはいませんが、緑の宝石が描かれたカードが緑の宝石トークンの代わりとなります。白の宝石トークン2つを場に戻し、新たに購入したカードを自分の側においてください。先に述べたように、カードを購入する際に用いた緑のカードは戻す必要はありません。



3-3. カードのキープ

購入したいカードはあるが、購入できないという場合、発展カードをキープすることができます。キープしたカードは、自分の好きなタイミングで購入することができます。また、このとき黄金トークンを一つ場から獲得できます。

黄金トークンは、赤・緑・青・白・黒の5つの宝石トークンの、どのトークンの代わりにもなるトークンです。黄金トークンは、キープ後カードを購入する前から使用することができます。

ちなみに、キープ後に発展カードを購入する前は、上記3-2-2で説明したように、宝石トークンの代わりにすることはできません。キープ後発展カードを購入してからはじめて、上記3-2-2のように固定資産として使用することができます。

 

 

 

 

 


4. 貴族タイル

貴族タイルは、指定された発展カードを獲得した際に、自動的に獲得できるボーナスです。タイルの左下に書かれている発展カードを集めた時点で、無償で獲得できます。このボーナスの獲得は、行動に含めないため、カードの購入を行った後に、追加で獲得できることになります。

ちなみに、貴族タイルは発展カードのように追加で補充されることはありません。そのため、貴族タイルは早い者勝ちで獲得することとなります。



 


いかがでしたでしょうか。今回は、宝石の輝き(スプレンダー)の簡単なルール説明を行いました。このゲームは、箱が大きくコンポーネントが多いことから、軽量級ゲームに慣れているボドゲユーザーからは、少しだけ敬遠されるゲームかと思います。

しかし、このゲームは、実際にやってみると非常にシンプルで分かりやすいです。また、ゲームをプレイするたびに戦況が変わるので、何度もプレイしたくなる作品となります。中量級ゲームのデビューとしては最適なゲームであり、初心者の方にお勧めしたい良作です。

 

 

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。