【簡略図解】ブロックスのルール

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

はじめに

『ブロックス』とは、自分のタイルを角をつなげる形で置いていき、どれだけ盤面上に自分のタイルを置くことができるかを競うボードゲームです。タイルが置けなくなった段階で、置けなかったタイルのマスが一番少なかったプレイヤーが勝者となります。

シンプルながら戦略的なゲームで、子供から大人まで幅広い層で遊ぶことができるゲームです。

 

今回は、このゲームを始めて遊ぶ人に向け、『ブロックス』のルールがすぐに把握できるよう、図を用いてわかりやすく解説します。


ゲームの目的

ゲームの目的は、手元のタイルをできるだけ少なくすることです。プレイヤー全員が、タイルを盤面上に置くことができなくなった時点で、各プレイヤーのタイルのマスを集計します。

このとき、1マスにつき-1点として数えます。例えば、画像では4タイルが余っており、残ったタイルのマスの合計は19マスです。この時、そのプレイヤーの得点は-19点となります。

もし、すべてのタイルを置くことができた場合は、以下のように得点を計算します。

全てのタイルを置くことができた。+15点

全てのタイルを置くことができて、かつ、最後のタイルが四方が1マスのタイルだった。+20点




ゲームの準備

はじめに、各プレイヤーは、枠の角からタイルを置いていきます。この時、必ず枠の角にタイルの面が接するように置いてください。


ゲームの流れ

自分のタイルの角と角をつなげる形で、自分のタイルを置いていきます。この時、面と面とがつながってはいけません。あくまで、角と角とがつながるように置いてください。以下の画像をご参照ください。

左の画像では、自分のタイル面と面とが繋がれた状態となっており、置くことはできません。右の画像では、角と角とが接しているためにタイルを置くことができます。

ただし、相手プレイヤーの置いたタイルであれば、面と面が接する形でタイルを置くことができます。

基本的なルールはこれで終わりです。この動作を、互いにタイルが置けなくなるまで続けます。




ゲームの終了

全てのプレイヤーが自分のタイルを全て置き切ったとき、または、全てのプレイヤーが自分のタイルを置けなくなったとき、ゲームが終了します。

上記の、ゲームの目的で説明したように得点を集計してください。この時、点数のマイナスが一番少ない人、あるいは、点数プラスが一番多い人が勝利となります。


いかがでしたでしょうか。

『ブロックス』は、シンプルながら奥が深いゲームです。非常に人気が高く、Amazonのボードゲームランキングでも、常に上位を維持しています。今回は、4人プレイのみ紹介しましたが、2人や3人でもプレイできることから、買って損はない良いゲームだと思います。

初心者の方への説明や、ゲームの雰囲気を知るためにこの記事を使ってもらえたらと思います。

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。