ドミニオンの個人的ぶっ壊れカードをまとめてみた。

はじめに

こんにちは、いとはきです。

皆さんはドミニオンを楽しんでいますか?

ドミニオンはサプライによって、取るべきカードやコンボが変わっていく点が、非常に面白いゲームだと感じています。しかし、ドミニオンのカードの中には、どんな場面でも強いカードや、明らかに書いてある効果が他のカードより優れているものが存在しています。

そこで、ドミニオン初心者の私が、「このカードの性能強すぎない?」と所感で感じたカードを独自の観点からまとめています。

*2人対戦を想定しております。また、筆者はドミニオン初心者であるため、ドミニオン上級者の方からはひょっとすると分析不足となる記事になる可能性もございますので、エンタメ程度でご覧ください。

 

基本版

 

山賊

 

初見で見たときに、思わず二度見してしまったカード。最初の一文から、「あれ?金貨買わなくてよくなるんじゃ?」と考えさせられました。ドミニオン始めたての頃は、非常に強すぎるカードだと思っていました。最近になってよくよく考えてみると、やはりこのカードは強すぎると思いますし、10年後も同じことを思ってると思います。2行目以降には、相手プレイヤーを妨害できる要素も入っているので、山賊で獲得した金貨を山賊で廃棄させるといった山賊合戦がしばしば起こります。自分で必死に稼いで購入した自前の金貨を、山賊で破壊されたら、思わず発狂するかもしれないです。

 

礼拝堂

最高の廃棄カードな気がします。デッキをとてつもない速さで圧縮できるので、「僕の考えた最強のデッキ」が出来上がります。どんな場面でも有効かと言われるとそういうわけでもないと思うのですが、礼拝堂がサプライに入ってくるとゲームの流れが壊れる可能性もあるパワーカードだと個人的には考えています。

個人的には、「最強のデッキ」を互いに作り合うと、かなりの実力差が出る気がしています。最善の選択肢を取らないと、相手の「最強のデッキ」にすり潰されたりします。

 

衛兵

 

コントロール力の鬼を体現したようなカード。始めたての頃はカードの効果がよくわからず、強さが理解できませんでした。しかし、使ってみると、非常に万能で使い勝手の良いカードとなっています。ゲームにいらないカードは廃棄してゲームから除外し、ゲームに必要だけど手札にいらないカードは山札から捨て札に。しかも、カードドローとアクション付き。個人的には使ってて、とても楽しいカードの一つです。

 

海辺

 

大使

擬似的な廃棄と妨害ができるカードです。手札からサプライに戻すことができるので、屋敷や銅貨をサプライに戻し、同じものを相手に押し付けて妨害することが多くあります。中盤で、1つだけしかいらないだろうなと思う不要なカードを押し付けたりもできます。ぼーっとしているうちに、銅貨と屋敷がデッキの中に増えていることもあり、呪いよりタチが悪いと感じています。「大使」という名前なのにやっていることは、非常にいやらしく極悪な気がしています。

 

 

繁栄

 

香具師

いらないカードを相手のデッキにたくさん組み込めるカード。呪いを捨て札にすれば呪いと銅貨は獲得しなくてすみますが、なぜか呪いが手札に来ず、不要なカードがデッキにたまっていきます。使用している時は楽しいですが、使用されると怒りが湧き上がります。妨害系カードの中では非常に強い部類に来ると感じています。

行商人

 

絵柄が可愛いカード。ゴミのように見向きもされない時もあれば、勝負を決することもある印象を受けます。他のサプライとの噛み合いによっては、0コストで購入できる場合もあります。「+1購入」系のカードと組み合わさった時、気づいたら1ターンに4枚買われてたりする時もあります。席を外してたら、行商人があったはずのスペースが空になっていたりして、幻だったのかと思うことさえあります。

 

ならず者

強くなって帰ってきた「民兵」のようなイメージです。「+1購入」がついてきただけではなく、場に出している間にカードを購入するたびに勝利点が獲得できます。カードのコストを下げるサプライがあった場合や、金貨などの財宝カードが過大になるような局面では、この追加勝利点の獲得が非常に大きくなることもあります。妨害作用は、「民兵」の時と同様で残ったままなので、個人的にはゲームの展開を変えうるカードだと感じています。

 

ギルド

 

予言者

最初の基本版の山賊と同様に、なぜか金貨が獲得できるカード。なおかつ、妨害効果も呪いを押し付ける点で凶悪。このカードの存在をあまり確認しないままゲームを開始した時は、このカードイラストのポーズのようにお手上げ状態になることが多くあります。アクション数を増やすカードがサプライにある時は、複数枚買っても邪魔にならなかったりします。

 

戦車競争

「+1カードを引く」がないため、手札の枚数が減るかと思いきや、下の細々した文字の中でカードを引ける旨が書いてあります。1カード1アクション保証で、コストが大きい場合には「+1金」と「+1勝利点」がもらえる。戦車競争を連発していたら、いつの間にか追加勝利点がえげつないことになっていることもあります。3コストで購入できますが、とりあえずいっぱい持っていても、ゲーム序盤中盤終盤、どれを取っても邪魔にならないカードだと考えています。

 

おわりに〜初心者としての所感〜

以上、様々紹介してきましたがいかがでしょうか。他にも紹介したいカードがあったのですが、都合上省かせていただいたものもあります。

今回は、「ぶっ壊れカード」という名前で記事を書かせていただきましたが、それではゲームがぶっ壊れているかというとそのようには感じませんでした。遊戯王やデュエル・マスターズとは異なり、ドミニオンは一から自分でデッキを構築することから、スタートは同じです。そのため、強いカードには強いカードで対抗したり、強いカードの対抗策になるようなカードをデッキに取り入れることで、一方的なゲームを避けることができます。

ドミニオンは個人的には最近ハマっているゲームです。ドミニオンオンラインも普及しだしていることから、もし最近ドミニオン離れをしている方がいれば、始めてみてはいかがでしょうか?

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。