初心者のためのカタン攻略 戦術編①~最長交易路による奇襲~

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

前回の記事はこちら すぐに使える3つの戦略・テクニック

前回の記事では、初心者がカタンを遊ぶ際に、念頭に置くべき3つの戦略・テクニックについて特集しました。今回の記事では、より具体的な戦術について考えていきます。今回題材になるのは、最長交易路です。通常であれば2ポイントのボーナスとして活躍するこのカード。今回は、このカードを用いて相手の意表を突く方法について考えます。ある限定された状況で大きな効果を発揮する戦略となっています。




この戦術は、最長交易路の獲得によりちょうど10点を獲得する方法です。

この戦術のメリットは大きく二つです。

①開拓地や都市の建設に比べてポイントの保有がばれにくい

②一度に二点を獲得するため、意表をついて勝利が狙える

それでは、具体的に説明致します。

 

この戦略は、最長交易路の奪還を契機にしてゲームに勝利する方法です。まず、ゲーム中盤で誰かが最長交易路を完成させている場合を仮定します。この戦略が有効である状況としては、後2ポイント獲得することで、自分が勝利できるような状況にあることです。また、最長交易路を相手から奪うためには、相手の建築した街道の数を超える必要があります。そのため、自分から見て、相手の街道の数を超えることができる見込みがある必要があります。下に大きく二つの具体的戦術をあげて説明します。


い.街道合流作戦

この戦術では、いかに気づかれずに街道を、相手を超える長さにもっていけるかがカギとなります。そのため、理想となるような配置は下画像の通りです。自分は赤色のプレイヤーで、最長交易路を有するプレイヤーは白色のプレイヤーです。白色のプレイヤーは、街道を7つ繋げているため、その数を超える8つの街道が必要です。ここで、あなたは3つの街道と4つの街道がそれぞれ続いています。そのため、この場合、間を道でつなげることで相手の道の数を超えることができます。この戦術は最初に置いた開拓地の場所にも依存するため、もし街道をつなげることが困難であればあきらめることも重要です。




ろ.交易路破壊作戦

この戦術は、相手の伸ばしている街道の隙をついて、最長交易路を破壊するものです。この戦術は、相手が街道をどのように建築しているかによって有効性が変化します。例えば、左の画像のような配置の場合この戦略は好ましくなります。自分は橙色のプレイヤーで、最長交易路を有するプレイヤーは白色のプレイヤーです。ここで、あなたの街道は5白色のプレイヤー7続いています。下の画像で青で囲まれた箇所は、各プレイヤーの開拓地から2つ以上離れています。そのため、ここに開拓地を建てると、白色のプレイヤーの最長交易路を分断することができます。ここで、相手の街道は3つ4つに分断されるので、自分の街道の長さが相手プレイヤーを上回ることになります。このような戦術は、相手の街道に自分の開拓地を割り込ませる余地がある際に有用になります。

この戦術を適用できるのは、特殊なケースになります。しかし、相手が最長交易路の獲得を優先して街道の建設をしている場合、あるいは図のように開拓地を置くべき場所が魅力的ではない場合には起こり得る状況となります。そのため、状況によっては、有用な戦術になると考えられます。


今回は最長交易路を用いた戦術について特集しました。この戦術は、常に有効なわけではなく、覚えておくと特定の状況下で有利になるというものです。また、最長交易路最大騎士力の奪還は、逆転の糸口になるような視点にもなるので、意識的に見るように心がけましょう。

前回の記事はこちら すぐに使える3つの戦略・テクニック

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。