【ゲムマ大阪2020】エレガンツ★出店予定作品の紹介と感想

アナログゲームの大イベント「ゲームマーケット2020大阪」

コロナの影響等で中止となり非常に残念でしたが、ここで新しいゲームとの出会いを期待していた方々も多いのではないでしょうか。

こちらではゲームマーケットで出店予定だった作品は、通販等で販売されているものもあります。このページでは、ゲームマーケット大阪2020の出店予定だった作品「エレガンツ」について実際に遊んでみた感想と共に紹介しています。

ゲムマで出会えるはずだった方々の少しでも参考になれば幸いです

「エレガンツ」とは?

エレガンツは、お上品にカードを引いていくお上品カードゲームです。

分類としてはみんなでバカになってワイワイ盛り上がれるゲーム、いわゆるバカゲーです笑。

ルール

ゲームのルールは非常にシンプルです。参加プレイヤーでお上品に1枚1枚カードを引いていくだけ

しかしカードを引くときのマナーなんて誰も教えてくれないので、ほとんどのプレイヤーはマナーがなっていません。

そこで、マナーが出来ていないプレイヤーに対して「お下品よ!」と叱っていくのがこのゲームのメインとなっています。

ではどのような引き方が上品なのか?と言うと、それはマナーカードが公開されるまで分かりません。

早速プレイしてみましょう。

ゲームプレイ

山札を真ん中にセットしたらゲーム開始です。

まずは1枚ずつ、お上品にカードを引いて手札に加えます。

このお上品なお姉様が指を立てているカード。これは得点カードです。

un(アン) deux(ドゥ)(trois)とフランス語の数字表現になっていますが、お姉様の指の数で点数は分かりますね。文字を読まずに直感で理解できるのもGoodです。

しばらくつづけていると・・・

マナーカードを引きました。マナー「小指を立ててカードを引きなさい」。マナーカードも、引いたらいったん手札に加えます。(英語対応してますね。素晴らしい。)

そして相手プレイヤーのターン

なんと!隣のご婦人は、小指を立ててカードを引いていません。これはお下品です!
(素で小指立ててカード引いてる人なんていません笑)

そこで、先ほど引いたマナーカード「小指を立ててカード引きなさい」を発動します。

お下品よ!

マナーに反した行動をしてしまった相手プレイヤーは手札から一枚選んでカードを捨てます。

ここで発動したマナーカードは、次のマナーカードが発動するまでその場のマナーとなります。

なのでしばらくは全プレイヤーが小指を立ててカードを引かねばなりません笑。

この様にマナーに反した行動でカードを引いた人に対して、後出しで「お下品よ!」とマナーを突き付けあっていくゲームとなっています。(日常生活だったら、そんなマナー知らんがな!と思ってしまいますが笑)

*他にもこんなマナーも・・・

「カードを引くときは小指と親指で引くのよ!」

めちゃくちゃ引きづらいです笑。(これは上品なのか・・・)

またマナーカードには相反するものもあります。

「右手でカードを引く!」「左手でカードを引く!」

さっきまで上品とされていた行動をしていても「お下品よ!」と言われてしまうこともあります。(涙)

余談ですがゲームとしては、相反するものがあるからこそ、マナーカードに内容を知っていても対策が難しいので、何度も遊んで楽しいゲームになっています。

これを山札が無くなるまで続け、最終的に手札カードのポイント数とマナーカードを公開した枚数につき2点を合計した得点で競います。

ちなみにこのエレガンツですが、カードの材質もお上品ですね

プラスチック加工でツヤがあり、お上品なイメージにマッチしています。


1ゲームはインスト含めても15分程度で、特に頭を使うことなく遊ぶことが出来るので、重いゲームをプレイ後のリフレッシュ等にもちょうど良いものでした。ネタゲームなので、勝ち負けよりもプレイの過程を笑いながら一緒に楽しめる良いゲームですね。

*クリエイター:ボボン・ボン・ボジワーイ連邦
とらべinかわいいちゃぶれ(Twitter:@venture0

*販売サイト:ボドゲーマ

新作ゲーム:ゾンビデル

ここで紹介した「エレガンツ」を製作されている「ボボン・ボン・ボジワーイ連邦」さんの新作ゲーム「ゾンビデル」も4/1よりゲムマECサイトから発売されます。

ゾンビ映画のモブ(端役)になってゾンビから逃げろ!というコンセプトで、初心者でも分かりやすいトリックテイキングゲームとなっています。

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。