女の子と遊びたい『攻め』のボードゲーム

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

ボードゲームを行っているユーザーのうち女性の数はかなり少ないです。これは単なる推定ではなく、実際にこのサイトに訪れるユーザーの約90%は男性となっています。

前回の記事では、ボードゲームを全く知らない女性の方でも、気軽に誘うことができるようなゲームについて紹介しました。今回の記事では、少し「攻め」のボードゲームについて紹介します。

前回の記事 女の子を誘いやすいボードゲーム特集 前編はこちら




カノジョが下着を決める5つの理由。

タイトルから際どさが伝わってきますが、ご察しの通り相手を選ぶ必要があるゲームです。ジャンルは「恋バナパーティ―ゲーム」という筆者は初めて聞いたジャンルでした。

プレイヤーはカノジョ役とカレシ役に分かれます。この時、カノジョ役のプレイヤーは一人の女性、カレシ役のプレイヤーはそれ以外の男性全員となります。

まず、カレシ側が白いカードに分担してシチュエーションを記入し、カノジョ側はそのシチュエーションにあった下着カードを作り、気に入った順に得点をつけ4枚並べます。

次に、カレシ側が、シチュエーションや趣味・性格から、カノジョが選択した本命の下着カードを推理して当てます。全てのカレシがカードを選択し終わったら、得られた得点を分配します。これを何回か繰り返し合計得点の多いカレシが勝利となります。

このゲームは、その戦略性について楽しむというよりは、むしろ話や妄想を楽しむゲームです。というのは、普段であれば、聞いたら確実にセクハラとなるような質問を合法的に行うことができます。ただし、一緒に遊ぶ女性は十分に選ぶ必要があると考えられます。というのは、このゲームを出しても楽しんでくれる女性であれば、一緒に盛り上がることができます。一方、パッケージを出してドン引きされながらゲームを始めれば、地獄のような時間が待っているはずです。




フィンガーツイスター

指を使ったツイスターゲームです。ツイスターゲームをはじめるためには、提案者側も参加者側も心理的な障壁があります。そこで、フィンガーツイスターは、でツイスターゲームを楽しむことができます。ツイスターゲームよりも気軽に誘いやすく、距離感を近くすることができます。


今回は、女の子と遊びたい「攻め」のボードゲームについて2つ紹介しました。
前回のライトなボードゲームと比べてシチュエーションも相手の女性も限定されたものとなります。しかし、これらのボードゲームを通じて、より女性との関係を深いものにできるのではないでしょうか。

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。