街コロ

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

おすすめ度 ピロQ ★★☆☆☆ いとはき ★★★☆☆

                             

『街コロ』は、日本のボードゲーム作家 菅沼 正夫によって作られた国産ボードゲームのヒット作です。自分だけの街を作り、お金を稼いで新たな物件を建て、高額物件である4つのランドマークを建てることが目標です。体感としては、海外の人気ボードゲームの『カタン』『ドミニオン』の要素を取り入れていると感じました。拡大再生産の要素は、カタン資源を使って建築するサイクルに近似しています。また、ドミニオンのようにカードを購入してコンボを繋ぐ要素も含んでいます。作者が長い間ドイツゲームに親しんでいたことから、このようなゲームデザインになったとされています

まず、私個人の感想としては、内容物であるコンポーネントに大きな魅力を感じました。カードのデザインや、金貨サイコロの色合いなど、どこかおしゃれな雰囲気となっています。そのため、自分だけの街を作っているときには、カードを場から購入して並べていくだけで、お洒落な街並みができ、どこか楽しい気分になってきます。人ごとに個性が出るため、その街並みの違いを眺めるだけでも楽しめます

しかし、個人的に残念なのは、何回かプレイしていくうちに、効率的な街の作り方が分かってしまうことです。これを、それぞれのプレイヤーが実行してしまうと、何パターンかの街並みしか現れなくなってしまいます。すると、先に述べたような楽しみ方ができなくなってしまうのが10回程度プレイした後に感じたネックとなります。

ただし、全体としては非常にわかりやすく、戦略性もある良ゲームだと感じています。カタンドミニオンといった中量級のゲームよりも、短時間で遊ぶことができ、複雑な要素もありません。軽量級ゲームと中量級ゲームのつなぎにはよいゲームであると思います。



街コロの特集記事

街コロと垂直統合~MBA第6講~

こんにちは、いとはきです。 この度はBoard Game to Lifeにお越しいただき有難うございます。 第…

コメントなし
この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。