イスタンブール

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。

おすすめ度 ピロQ ☆☆☆☆☆ いとはき ★★★☆☆

                                      

『イスタンブール』とは、バザーを回って商品の売買を行い、赤い宝石であるルビーの数を競うボードゲームです。2014年のドイツボードゲームエキスパート部門で大賞を獲得しており、中量級ゲームの名作として高い評価を受けています。

プレイヤーは、まず最初に16枚のタイルを並べていき、これが『イスタンブール』のボードとなります。ゲームでは、お金商品・ルビーの大きく3つが存在します。大まかな流れとしては、タイルの効果によってお金商品を獲得し、それをルビーに交換していきます。プレイヤーが動ける回数は、ある一定の制限があり、ゲーム中にこの回数を増やすこともできます。タイルの中には、ダイスを振って出た目によって何かがもらえるものや、自分の手番を増やすことができるようなトークンを購入できるものなどがあり、それぞれ異なる効果を得ることができます。

既に相手が訪問したタイルに、自分が足を踏み入れてしまった場合には、自分からそのプレイヤーに対してお金を2つ支払う必要があります。そのため、自分がどうしても行きたいお店がある場合はいち早く足を運んだり、相手の行きたいであろうお店を先回りするなどの考え方が必要となります。

 

個人的に、このゲームは中上級者向けに当たると考えています。一度ルールを覚えればシンプルではあるものの、タイルごとに異なる選択肢がとられることから、少し煩雑だと思います。プレイヤー間で対立することは、お金の支払い以外にないため、ギスギスはしないゲームではあります。考えることが複数あり、非常に戦略的な思考が要されるゲームだと思います。



<ゲームリストへ戻る

イスタンブールの特集記事

イスタンブール

おすすめ度 ピロQ ☆☆☆☆☆ いとはき ★★★☆☆                             …

コメントなし

<ゲームリストへ戻る

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。