節税ゲーム(タックスヘイブンゲーム)のルール

1st Game TAX HAVEN GAME

はじめに〜ゲームの背景〜

 

ここは、技術革新の国「シリヴァ」。

そんなあなたは、シリヴァ国随一の大企業の経営者です。

今まで、あなたは多くの利潤を生み出してきました。

 

しかしながら、王政の変化とともに、

高所得者から重税がとられることとなりました。

 

あなたは他の競合企業に負けないよう

なんとかして税金を納めたくはありません。

 

なんとかして手元のお金を隠し、

租税回避(タックスヘイブン)を目指しましょう。


ゲーム概要

 

「節税ゲーム」は、金貨の数を保ちつつも、節税することを目指すゲームです。節税ゲームでは、ゲーム終了時における金貨の枚数を競ってもらいます。全体の半数のプレイヤーが勝者となります。

初期金貨は20枚となっています。また、ラウンド制となっており、4ラウンド行います。ラウンド終了時に追加で5金貨が支給されます。


ゲームの流れ

ゲームは上記画像の流れで進行します。


基本システム-金貨所持税-

 

皆さんにはラウンド終了時に

金貨所持税を納めてもらいます。

 

金貨所持税は、各プレイヤーが

所持している「手元」の金貨に対して課されます。

 

金貨所持税はラウンドの最後に、

「手元」の金貨が多いプレイヤーから3人が負担します。

「手元」の金貨が多いほど、税率は高くなります。

 


交渉フェイズ

「私の企業と協力しましょう!」

 

交渉フェイズでは、

他のプレイヤーと自由に交渉することが可能です。

交渉人数に制限はありません。

このとき、金貨の授受はできません。


節税フェイズ

プレイヤーは節税を行うために、

「送金」と「援助」を行うことができます。

(1)送金

 

「これは、ほんの少しばかりの気持ちです。」

 

プレイヤーを1人選択し、金貨を送金することができます。金貨を受け取るプレイヤーは、これを断ることはできません。誰から何枚金貨が送信されたかは明記されます。1ラウンドに送ることができる金貨の枚数は10枚までです。

 

(2)援助

 

「銀行さん、あの企業に援助をお願いします。」

 

プレイヤーを一人選んで援助することができます。そのプレイヤーは、銀行から1票につき金貨が1枚加算されます。加算後の金額を基にして、金額を比較し、課税が行われることとなります。投票結果は、票数のみ通知されます。

 

 

 


課税フェイズ

(1)金貨所持税の課税

各プレイヤーの金貨を比較し、「基本システム」の項にある流れに従い、金貨所持税を手元から差し引きます。金貨所持税は以下のようになります。

 

この時、誰が何パーセントの金貨所持税を負担したかは全体に通知されます。ただし、何枚の金貨を税金として支払ったかは通知されません。課税が終了したら、それぞれのプレイヤーに5金貨が支給され、次のラウンドへ移ります。

 

課税の流れ

 

 

 

補足

「手元」の金額が同じ場合:

「手元」の額が同じ場合は、あるプレイヤーが他のプレイヤーに送金した額を比較します。このとき、送金をした金額が少ないプレイヤーが、より高い金貨所持税を課されることになります。


禁止事項

・投票画面を見せること又は投票画面を見ることは、いかなる場合においても禁止します。

・暴力行為や投票を阻害する行為は禁止とします。これに類する行為も禁止とします。

・禁止事項を破った際には警告処分としますが、悪質と思われる場合には退場とします。

・許可なく、営利目的でこのゲームを開催することを禁じます。


おわりに〜テストプレイヤーの募集〜

現在、Game to Lifeでは、オンラインでタックスヘイブンゲームを楽しんでもらうためのテストプレイヤーを探しています。フォームに申し込んでもらっても構いませんし、人数は集まっておりGMだけを依頼したいという方でも構いません。ただし、通話を用いることとなるので、Discordをダウンロードしていて実際に声を出せる方に限ります!

人狼のように予備知識は一切必要なく、ライアーゲームや人狼、カイジや賭ケグルイなどの騙し合いのゲームが好きな方であれば楽しめることかと思います。

 

所要時間:

約2時間半〜3時間(ルール説明込み)

 

期間:未定

必要なもの:

ディスコード

費用:

無料

この度は記事を読んでいただきありがとうございます。SNSでシェア・ブックマーク等して頂けたら幸いです。